借金は生きている証

私のお客さんに、身寄りのない子供を育てている施設を運営している人がいる。納入した商品の代金を回収しに行くと、そこの施設長が「悪いが、ちょっと待ってくれないか」。
支払いが遅れることは珍しくないため待つことにしたのだが、代金の支払いが遅れるのはお金が盗まれたから。
その施設ではちょくちょくお金が失くなる、誰が盗んだかは見当がついている、恐らく1年前に退寮したA君の仕業だと私は思った。
私、「お金は何処に置いといたのですか?」
施設長、「いつもの、ここだよ」
私、「良い加減、お金を置く場所を変えたらどうですか?」
施設長、「それでは困るだろ」
施設長も誰がお金を盗んだかは気付いている、口に出すことは決してしないが。
私、「お金は帰って来たことはあるんですか?退寮する時に、まとまったお金を貸してますよね」
施設長、「・・・」
聞くまでもないことだ、貸したお金が帰って来たことは1度もない。
犬でもメシを食わせてくれた人間には恩義を感じるらしいが、この施設を育った者に施設長に恩義を感じている者はいるだろうか。
退寮した者で、感謝の連絡が来るのは最初の1年だけ、連絡が来るのはマシなほう、中には世話になっておきながら退寮させられたと施設長を恨む者もいる。
私、「帰って来ないと分かっていて、なぜ、お金を貸すのですか?」
施設長、「お金を借りられる者がいると思えれば救いになるからだよ」
私、「盗まれると分かっていても、同じ場所にお金を置き続けるのですか?」
施設長、「お金が盗まれても私は怒るようなことはしない、生きていることが分かって嬉しいんだ」
私に施設長のマネは出来ない同情もしない、納入した商品の代金はキッチリ回収した、それをしなければ私の家族が路頭に迷うからだ。

借金は決してネガティブなことではない

私の友人Aは借金を繰り返し自己破産をした。
自己破産したら借金の返済は免れるため、友人Aにお金を貸した債権者は大損をしたのだが、誰も友人Aを責めなかった。
借金の原因がギャンブルや女なら、自己破産をされたら債権者は怒るだろうが、友人Aが借金をしたのは事業のため、お金を貸した債権者は事業に投資をしたのだから、事業が失敗しても文句は言えない。
自己破産した友人Aは地道に生きるかと思いきや、再び事業に乗り出し借金をするようになった。
一度、自己破産をした者にお金を貸す者なんているのだろうかと思っていたのだが、前回と同じ者が友人Aにお金を貸した。
今度こそは上手くいけよと友人として願っていたのだが、再び事業は失敗、そして、2度目の自己破産。
良い加減に懲りただろうと思っていたのだが、友人Aは再び再起して3度目の起業をした。
2度もお金が帰って来なければ、流石に誰も友人Aにお金は貸さないだろうと思いきや、また貸した。
三度目の正直に掛けたのは債権者たちも同じこと、ここまで来れば債務者がアホなら債権者もアホ。
しかし、三度目の正直で友人Aの事業は成功した、現在は軌道に乗っている。
一度も自己破産をしたことがないが、私が借金を申し込んでも家を買うためのお金が限度だろう。
友人Aは2度も自己破産をしているが、一度も自己破産をしていない私より信頼があるのか数億のお金を簡単に集められる。
借金と聞くと負のイメージをしがちだが、お金を借りられると言うのは信頼がある証拠。