カード払いの果て

学生時代の友人の話。
カードを持ち始め、それで買い物をするようになりました。
私は、両親からカードで買い物をすること、借金やローンを作ることを子どもの頃からよくないことと強く言われていたこともあり、カードの仕組みなど分からなかったのですが、社会人となり、接客業についたためカードの仕組みを知ることとなりました。
知ってからなお、自分の性格では歯止めのきかない使い方をするだろうということがあり、持ったことはないのですがシステムを知ってから余計にその友人の使い方が目についてしまいました。
彼女は、カードで支払うからとすぐ奢りたがります。
ラッキーだという人もいましたが、私はその友人が心配でたまらなかったので、自分の分は返していたのですが、自分の欲しいものも我慢ができなく、買い物をし続けていたことは知っていました。見合うほど、収入が高くないことも‥。
何回か使い方について諭したことがありましたが、右から左へと聞き流されているのはわかっていました。
長い付き合いとはいえ、彼女の財布にまで口出しすることもどうなのかとも思いましたし、彼女は実家暮らしだったので見た目にも変貌ぶりがあり、ご両親も気づくのでは?という思いがありました。
ですが、想像以上に使ってしまっていたのでしょう。
聞いた時には、消費者金融にまで手を出し当時は今より審査が緩かったので、数百万の借金に膨らんでいました。
お金をむしんされることはありませんでしたが金の切れ目が縁の切れ目ともいいますし、あえてこちらから貸すことを申し出ることはありませんでした。
彼女はどうにもならなくなり、昼間の仕事プラス夜の仕事を始め、なんとか返済しきれたようですが、夜の仕事の収入の良さに味をしめ、抜け出せないでいました。
もちろん、お金の使い方も変わることなく‥。
生活リズムもバラバラに会うことがなくなってしまい、今はどうしているのかわかりませんが、どんな仕事をしていても金銭感覚を狂わせてしまうと修正できないと感じました。

せどりコンサルの費用で人生初のキャッシング そこから借金地獄に・・・

私はあるSNSからせどりコンサルに勧誘され興味を持ち、費用40万円ほどを某金融会社から借りました。初めてキャッシュカードを使って私にとって大金を借りたわけですが、月の返済額はこんなものでいいのかと思ってしまうほど安かったのです。コンサルの講師にクレジットカードを作るように勧められ。クレジットカードも2社ほど作りました。私はこの時にクレジット枠が150万円ほどキャッシュ枠も100万ほどありました。その枠を使いせどりに取り込めばまだよかったのですが、私はギャンブルや生活費にあててニート生活を満喫しました。クレジットカードで新幹線のチケットを金券屋で現金にしてもらい、そのお金を使って毎月の返済にあてたりギャンブルをしたりしていました。リボ払いに設定していたのでクレジットカードの返済額を少なかったです。そのため当初は毎月返済できていましたが、ニートでギャンブルをしていたので出費がどんどん増え、借入額もどんどん増えて限度額いっぱいになってしまいました。そこからニートのため収入もないので借金の踏み倒しをしました。ブラックリストに載りましたのでカードやローンは一切できず、現在でも借金を踏み倒して生活しています。自宅のポストには毎日のように弁護士事務所から借金返済の手紙が届いています。このままいくと裁判も起こされることになります。今は必死に働いて、弁護士を探して相談したりして大変です。また借金のことで不安でおびえた毎日を過ごしております。今となっては無計画に借金をして踏み倒したことを深く後悔しています。みなさんは文字通り「計画的なキャッシング」をお勧めいたします・・・