借金返済は妻から娘に

友人の借金総額は200万円、利息は年10%、借金返済のために友人が使える小遣いは3万円だけ。
1回、酒を飲みに行けば1万円は掛かる、週に1回行くとしたら、小遣い3万円では1万円足りない、そのため、友人は月に1回、誘いを断る。
どうせ、誘いを断るだろうと思ったのだが、友人は飲み屋に付いて来た。
私、「お金はあるの?」
友人、「ああ」
私、「どうしたの、お金」
友人、「妻が他界したんだ」
私、「・・・」
友人の奥さんが他界したのは知らなかった。
友人が総額200万円の借金をしていたのは奥さんから、その奥さんは夫(友人)に200万円の債権(資産)を有していることになるのだが、他界したことで夫である友人がその債権(資産)を相続した。
債権者と債務者が同じになると借金はチャラになるらしく、友人は200万円の借金を返さずに済んだ。
奥さんが他界しているため、借金が無くなって良かったねとは言えない。
どんな思いで酒に付き合ったかは分からないが、私は慰めるつもりで友人と酒を飲んだ。
飲み屋を出て別れる時、私は友人に「大丈夫か?困ったことがあったら連絡をして」
友人、「ああ、そうするよ」
私に心配をかけまいとした友人の背中は、いつもより小さく感じた。
家に帰ると、先ほど別れた友人から連絡があった。
私、「どうかした?」
友人、「暫くは酒に付き合えない」
私、「何かあったのか?」
友人、「妻が俺に有していた債権の200万円を相続したのは、俺だけではなかったんだ、娘も相続をしていたんだ」
私、「娘さんが相続していると何かマズイの?」
友人、「妻の財産を相続したのは俺と娘、つまり、娘は俺に対する債権の半分を相続しており、俺は娘に100万円の借金があることになるんだ」
私、「娘さん、まだ学生だろ」
友人、「学生でも母親に似てお金にガメついんだ、父親の俺から利息まで取ろうとするんだ」
奥さんが他界して暫くは元気なかった友人だが、現在は娘さんに借金を返済するために頑張って働いている。

借金は生きている証

私のお客さんに、身寄りのない子供を育てている施設を運営している人がいる。納入した商品の代金を回収しに行くと、そこの施設長が「悪いが、ちょっと待ってくれないか」。
支払いが遅れることは珍しくないため待つことにしたのだが、代金の支払いが遅れるのはお金が盗まれたから。
その施設ではちょくちょくお金が失くなる、誰が盗んだかは見当がついている、恐らく1年前に退寮したA君の仕業だと私は思った。
私、「お金は何処に置いといたのですか?」
施設長、「いつもの、ここだよ」
私、「良い加減、お金を置く場所を変えたらどうですか?」
施設長、「それでは困るだろ」
施設長も誰がお金を盗んだかは気付いている、口に出すことは決してしないが。
私、「お金は帰って来たことはあるんですか?退寮する時に、まとまったお金を貸してますよね」
施設長、「・・・」
聞くまでもないことだ、貸したお金が帰って来たことは1度もない。
犬でもメシを食わせてくれた人間には恩義を感じるらしいが、この施設を育った者に施設長に恩義を感じている者はいるだろうか。
退寮した者で、感謝の連絡が来るのは最初の1年だけ、連絡が来るのはマシなほう、中には世話になっておきながら退寮させられたと施設長を恨む者もいる。
私、「帰って来ないと分かっていて、なぜ、お金を貸すのですか?」
施設長、「お金を借りられる者がいると思えれば救いになるからだよ」
私、「盗まれると分かっていても、同じ場所にお金を置き続けるのですか?」
施設長、「お金が盗まれても私は怒るようなことはしない、生きていることが分かって嬉しいんだ」
私に施設長のマネは出来ない同情もしない、納入した商品の代金はキッチリ回収した、それをしなければ私の家族が路頭に迷うからだ。