踏んだり蹴ったり

バイトの帰り、後ろから来た車にオカマを掘られ、バイクは大破した。
私、「痛っ!」
私にオカマを掘った人、「す、スイマセン」
バイクは大破したものの、私自身に痛みはない。
事故を間近で目撃していたドライバーさん、「診てもらったほうが良いぞ」

病院で診てもらったほうが良いのは分かるのだが、40代でアルバイトをしている私に経済的余裕はない。
私にオカマを掘った人も、私同樣に経済的余裕は無さそうに見えたのだが
通行人、「お兄さん、出血してるよ」
痛みは無かったが、腕から出血していたため、病院で診てもらうことにした。

大破でバイクは乗れないため、病院までオカマを掘った人に送ってもらった。
時間が経つにつれ、体のアチコチが痛くなり、検査を受けると「即入院」と言われた。
即入院と言われても、バイトの帰りで着替えはない。
着ていた服や履いていたズボンは、治療を受ける際にハサミで切られてしまい、病室では病院が用意してくれた浴衣を着た。
浴衣を着たのは高校の修学旅行以来、なんか嬉しかった。
しかし、トイレに行きたくても、足が痛い。水を飲みたくても、手が痛い。両手でコップを持ったのだが、口の中がキレており、水が飲めなかった。

怪我のことより気掛かりなのは、お金のこと。
お金を工面する術は、オカマを掘った人に支払ってもらうしかないのだが、その人は音信不通。
怪我が徐々に治ると退院が近づき、支払いが出来ない私は困った。
病院の待合室にいると、何処が悪いのか分からない患者が声を掛けて来た。
患者、「お金に困っているだろ?」
私、「分かりますか?」
患者、「この病院には、お金に困った奴が多く来るからな。幾らいるんだ?」
私、「30万円ほど」
患者、「オカマを掘った相手は分かっているんだろ?」
私、「はい」
患者、「だったら貸してやるよ」
その日の夜、その患者に呼ばれ病院の夜間出入り口に行くと、普通では無さそうな人に30万円を渡された。
私、「必ず返しますから」
患者、「入院中だから、逃げはしねえよな」
私、「逃げませんよ」
私は退院まで、私にオカマを掘った人を待ったのだが、結局現れず、借りた30万円は退院から2年掛かって完済した。

借金問題は本人だけでなく幅広く巻き込みます

私の親族には借金癖のある人が3人います。これらの借金を繰り返す人たちは共通して家族に一切借金をしていることを長年に渡り隠し通していました。それがある日突然にっちもさっちも行かなくなり自宅が差し押さえられたりする形で発覚するので当然ながら巻き添えを食らいます。そのうち一人は誰彼構わずお金を借りてきてしまうのでまず交友関係が終わります。その土地に住めなくなります。法律がどうであれ実際は借りた本人でなくても家族であるというだけで人はお金を返すよう迫ってきます。仲が良かった友人や親せきから一気に無視されたり電話を切られたり来るなと拒絶され、問題の家族が行こうものならなんとかするように迫られます。問題の家族が誰かと交際すると借金癖をだしにして私がどれだけあなたの家族から損害を被ったか分かりますかと方々に被害を訴えるメールをされてお金をゆすられることもあります。自分は一切何もしていないのにです。だから絶対に保証人になったりお金を渡してはいけない、というのが借金癖のない家族との間のルールでした。まず家族立ち合いのもと弁護士に引き合わせ相談に乗ってもらうところから始め、さまざまな状況を整理し判断をしてもらうことが非常に大きな鍵となります。長年借金している場合は過払い請求で大幅に返済額が減る場合があるからです。我が家ではそれで危機を救っていただきました。借金で困ったときは本人家族どちらの場合であってもほかの親族や大切な友だちではなく法律の門を叩くのが一番良い方法だと思っています。