奨学金が借金であるということをもっと理解しなければならない

私を含め高校生の時に奨学金という名前の響きで手軽に給付型ではない奨学金を借りてしまった人がたくさんいます。当時は社会経験がまだ無い高校生でした。給付型ではない奨学金を借りるということは、お金を稼ぐことがどれだけ大変かを理解していない未成年の人間が多額の借金の契約をしてしまうということなのです。その機関の名前は耳障りの良い名前で借金、というイメージから遠いものであったりするため警戒心を抱くことなく契約してしまったのが私たちです。紹介する以上教育機関として学校側、機関などはそれをしっかりとイメージさせ理解させる努力をしなければならないと思います。そして奨学金を借りる場合には審査があり保護者が必ず関わります。保護者と借りる本人の意識の違いが大きな問題を引き起こすこともあります。子に学費を一気に払ってあげられないが入学させたいと熱望する親が、いざ卒業したら自分で払いなさい、学費は自分で払うものでしょう、と手の平を返すことをしたり、酷い場合は親が振り込まれた奨学金を使ってしまうケースもありました。それは子を利用した借金でした。学生を支援するもののがはずが学生の人生を壊す材料になるのです。大人が自分の意志でどこかで借金をしてくる借金よりも、本来ならば信頼できる相手が元凶となる借金になるため下手をするとたちが悪いです。そして奨学金の返済の額は実際に生活してみると決して小さいものではありませんでした。私の場合はもし結婚していなかったら、主人に手伝ってもらわなかったら返済できなかったと思います。人生でまたお金がかかるようになる子供が生まれるような年齢、親の介護や高齢化などの病気で出費が発生するようなタイミングまでそれは残るのです。奨学金を借りなければならないわけですからそもそも家族そのものにお金がないことが少なくありません。高校生で人生の沼に足を踏み入れる前に正しく借金とはどういうものなのかを計算させる必要があります。

債務整理 北九州

お金を友人から借りた結果喧嘩になりました。

私自身がギャンブルにハマってしまい本来は使ってはいけないお金などもギャンブルに注ぎ込んでしまうような時期がありました。勝っている時も貯金をするなどと言った概念はなく、勝てば勝つ分だけ散財をして生活費などには回していなかったです。 ある時家賃を滞納してしまい管理会社の方から連絡が来ました。その時は初めての滞納だったので、入金されていないので入金してくださいと軽い注意のようなものでした。しかし、当時住んでいた家から追い出されることは避けたかった私は友人にお金を借りることにしました。 その友人は学生時代からの付き合いで、非常に温厚な人物だったので、私が困っているからお金を貸して欲しいと相談したところその日のうちに振り込んでくれていました。 しかし、一度お金を借りてしまえばそのあとはずるずると何度もその友人に無心することになってしまいました。 ある時いつもの様にお金を貸して欲しいと連絡したところもう貸せないよと返事がありました。 思い返せば借りている金額は20万円を超えており、さすがの友人も堪忍袋の緒が切れてしまい、これ以上返済の意思を見せないのであれば出るとこに出ると言われた私は我に返って今までの行いを顧みました。 返済自体を分割にしてもらって、それまでハマっていたギャンブルをスパッとやめて友人への返済を開始しました。結果的には一年かかって借りていたお金は全て返済することが出来ました。 今になって思えばとても恥ずかしいことをしていたと思います。