26歳、債務整理

高校時代の友人の話です。高校卒業後から飲食業界に就職してすぐに彼女は初めてのクレジットカードを作ったそうです。 元々バイクや洋服・ブランド物が好きな女性だったので、高校時代からアルバイトに明け暮れ派手な生活をしていました。 20歳を過ぎるとお酒の趣味も加わり浪費はさらに加速。自由に使えるお金が増えて感覚がマヒしていた、と言っていました。 ある時カードの請求額に驚き、支払うために覚えたのがリボ払い。世間知らずな若者にとっては魔法のようなシステムです。 それからも彼女は当時の恋人との引っ越し費用や旅行など大きな額の支払いが増え気が付けば25歳の時には300万もの借金ができていたそう…。 しかし所得も多い彼女だったので、仕事をしながら返済していたそうです。 そんな彼女は26歳の時に、知人のご縁があり夢だった自身のお店を持つことを決意。 地元駅から少し離れた場所に小さな居酒屋をオープンしました。しかし、最初こそたくさんのお客さんが集まったものの 自然災害の多い年であったので、大雨や大型台風の影響を受け何度も水害にあうはめに…。 その度に設備の修理や、修理期間に営業ができずに借金は膨らむばかり。 26歳の時ついに債務整理をしたそうです。 20代中頃での債務整理に当初は落ち込んでいたものの明るい彼女は 「32歳には払い終わるしまだまだこれから!」と意気込んでいました。 その後立地も良くなかったこともあり、お店を手放し再就職した彼女は結婚を済ませ子供も授かり 今は細々と幸せに暮らしています。

利息に泣かされます

学生時代から芸事をやっており、レッスン料、衣装代、遠征費、交通費、メイク道具などに大金がかかります。まだしっかりとそのお仕事で生計を立てられず親に頼ることもできなかった私は消費者金融に借金を試みました。私の年収で借りられる金額は最大30万円ほどだったので合計3社に借入を申し込み、借入総額100万円ほどになりました。今でも毎月少しずつではありますが、決まった額を返済しています。しかし返済額の半分ほどは利息と手数料になっています。毎月返済に充てられるお金もそんなに多くないのでどうしても毎月利息分が多くなりそのようになってしまうのだと思うのです。もっと毎月多くの返済をすることができればもっと利息分を減らせると思うのですがなかなかそうはいきません。新たにクレジットカードを契約することもできなくなり、一枚あるので何とかなっていますが自分がブラックリストに載っているような気持になってしまい、とても辛いです。利子の低い銀行のカードローンを契約できるほどの収入もなかったですし、消費者金融に頼るしかなかったですが、こんなに利子に苦しむとは思っても見ませんでした。今もし消費者金融での借り入れを検討している人がいるのであれば、可能ならかっこ悪くても、夢のためにお金を貸してくださいと恥を承知で家族に頼る方が何倍も良いと私は思います。頼るのは申し訳ないという気持ちが強く私もできませんでしたが、こんなにもったいない借金はないと思います。